2014年06月22日

沖田総司忌

image-07739.jpg
久々に総司忌へいって来ました。
雨だから空いてるかな?と思ったらめちゃ混雑してました。
墓参だけして、講演会は欠席でしたが、Yさんに久々に会えて良かったです。まだまだ人気の高い総司さんでした。
posted by asagiiro at 16:39| 東京 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 幕末・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

総司忌はいつも良いお天気

06-30-1.JPG

梅雨らしくない青空!まるで真夏のようだ。
けど、風はまだ少しだけ爽やかさを残し交差点を過ぎてゆく。

初めて参加した時から一体何年が過ぎただろうか。
そもそも沖田総司が亡くなってから140年以上が経っている。
初めて墓石の前に立った時は総司忌ではなく早春だった。
特別に墓地に入れていただいた。
その時は墓石の字もハッキリと認められたと記憶している。


06-30-2.JPG


今は墓石の字を認めることは不可能だ。
それどころか石がはがれ落ちそうになっている。
墓地を囲む周りの様子も一変している。
ビルの谷間の墓地になってしまった。
この地もそのうちに郊外へ移転なんて事になるのではないかと
心配になってしまう。

幕末期、六本木がこんな都会になろうとは、誰も想像しなかっただろう。
そんな喧騒に囲まれた地に沖田総司は眠っている。


続きを読む
posted by asagiiro at 15:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 幕末・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

1年ぶりだったのに・・・

12-05-13-1.JPG

13日の日曜日に東京、日野市で行われた「新選組まつり」へ行ってきました。
昨年は東日本の震災の影響で中止だったので一年ぶりの開催でした。
前日には歳三忌も行われましたが、此方は欠席でした。

写真は八坂神社で行われた、天然理心流の型の演武です。
日差しが強くて暑かったです。

この後、市役所周辺で行われているはずのイベントを観ようと
なが〜い急坂を上った所、なんと中止の文字が!
それに、消防車やパトカーが沢山来ていました。

午前10時過ぎに、市役所隣接のホールを爆破するという電話がかかってきたそうで
イベントは急遽中止になったそうです。
それならそうと、日野の駅でアナウンスして欲しかったですー。
時間は13時を過ぎていのに、ちょっと対応遅すぎです。

それにしても、こういうイタズラ電話はやめてほしいものです。
物販などの被害額は結構なものじゃないかと思います。





続きを読む
posted by asagiiro at 11:47| Comment(7) | TrackBack(0) | 幕末・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月24日

総司忌は明日

06-24-1.JPG

明日は総司忌です。
東京麻布の専称寺で11時から読経が始まります。
詳しくは新選組友の会をご覧ください。
私は今年は欠席でございます。
行かれる方がおりましたら、様子を教えていただけると嬉しいです。

沖田総司の命日は旧暦の5月30日ですが、新暦に治しますと1868年7月19日だそうで
梅雨の明けた暑い頃だったのではないかと想像いたします。


続きを読む
posted by asagiiro at 15:12| Comment(5) | TrackBack(0) | 幕末・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

総司の恋

05-14-1.jpg

先週放送の「新選組血風録」は待ちに待った「総司の恋」でした。
この辻本総司さんはかなりにお気に入りで、今までの総司さんの中でも
トップクラスに入る程、私のイメージにぴったりな方です。
その方の演じる「総司の恋」ですから、かなり期待していました。
総司が恋心を寄せる医師の娘も良い感じで、なかなか良かったです。
が、何故か「前髪の惣三郎」とお話がごちゃ混ぜになってる。
ん?は?なに?総司と惣三郎のボーイズラブっすか〜?
って、一時は気が遠くなりかけましたが、総司にはその気が無くて
良かったです。
しかし、加納惣三郎役の佐藤永典さんはメチャ美しかったですよ。
こういうのをヴィジュアル系と言うのでしょうね。
音羽の滝の設定がしょぼい池の湧き水になっていたことや、桶に落ちる涙にやたら
エコーがかかっていたことなど、突っ込みどころは沢山ありましたが
辻本祐樹さんの沖田さんがかっこいいので全部許しちゃいます〜!

毎回思うのですが殺陣もすばらしくカッコイイよく、効果音もビシッと決まっています。
けど、役者さんたちはこの殺陣を覚えるのがすっごく大変だろうな〜と同情してしまいます。
きっと体中痣だらけですよ。

未見の方でどんな総司か観たい方は新選組血風録HPまで。


続きを読む
posted by asagiiro at 16:23| Comment(8) | TrackBack(0) | 幕末・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月26日

第36回土方歳三忌

お知らせです。

第36回歳三忌のお知らせです。

5月8日(日)
11:00〜日野市石田寺にて法要
13:30〜高幡不動にて講演会(釣洋一さん)
会費は2000円だそうです。

詳しくは「新選組友の会」HPまで


今年はひの新選組まつりは震災の影響で中止と決まったそうです。
ですが、「がんばれ宮古!がんばろう日本! チャリティーイベント新選組ファンの集い」
が5月7日(土)に高幡不動 五重塔ホールにて開催されます。
時間は10:00〜17:00
詳しくは「日野市観光協会」まで。


また、5月5日、6日には、「俳優 栗塚旭氏を迎えて新選組を体感する」といった行事が予定されているそうです。
詳しい内容は日野市観光協会まで。


GWにご予定の無い方はいかがでしょうか。
私は部屋の片づけやら、衣類の入れ替えやら、ごちゃごちゃとやる予定なので
参加するかどうかは未定でございます。

posted by asagiiro at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 幕末・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

第五回山南忌

すっかりお知らせが遅くなってしまいましたが
第五回山南忌のお知らせです。

平成23年3月13日(日)
旧前川邸にて、第5回山南忌を開催致します。


10:00〜光縁寺で墓参→旧前川邸で受付→仏間(山南敬助切腹の間/写真)で焼香→13:00〜壬生寺会館で記念行事→16:00頃終了予定

記念行事は、

・ 菊地明氏 講演 『山南敬助の脱走事件再考』
・ 島原 司太夫 奉納舞 『黒髪』
・ 天然理心流 「撥雲会」 居合演武

の予定。

参加費は2500円。

参加のお申し込みは、「往復はがき」に郵便番号、住所、氏名、性別をお書きの上、

〒604-8811 京都市中京区壬生賀陽御所町49
田野 一十士 (旧前川邸)

迄お送り下さい。

申し込み期間は、
平成22(2010)年12月6日(月)〜平成23(2011)年1月31日(月)
(当日消印有効)

詳しくは旧前川邸HPまで。
期日が迫っておりますので、参加予定の方はお急ぎください。

続きを読む
posted by asagiiro at 14:16| Comment(6) | TrackBack(0) | 幕末・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

新選組血風録 BSドラマで放送決定!

久々に新選組についての記事です。
NHKは来年四月からBSの放送をBS1とBSプレミアムの2チャンネルに統合するそうです。

BS1は現在のBS1と同様スポーツや情報番組、BSプレミアムはドラマや映画、ハイビジョンで放送していた番組を流すそうです。
その中で、「新選組血風録」を永井大さん主演で放送という発表がありました。
これでまた幕末の世界が見られると思うととてもうれしいです。
詳しくはNHKさんのHPへ

posted by asagiiro at 12:48| Comment(5) | TrackBack(0) | 幕末・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

江戸城ぜよ〜。


9-22-1

写真は江戸城天守台跡です。

先週末、皇居東御苑、三の丸尚蔵館で行われている 特別展覧会「皇室の文庫(ふみくら) 書陵部の名品」で、薩長同盟書の龍馬の裏書を見てきました。
さほど広くない展示会場は初日とあって、老若男女で一杯になっておりました。
日本書紀や百人一首、古今和歌集の展示もあったのですが、やっぱり龍馬の書の前にはすごい人だかりが出来ていました。
薩長同盟の裏書きは保存状態も良く、今さっき龍馬さんが書きました!って感じに見て取れました。



9-22-2

館内は撮影禁止ですのでパンフレットの写真です。
「龍」の署名がかっこいいです。

資料館を見たのち園内を散策したのですが、あまりの暑さに半分だけ見て帰ってきました。
過去に何度か行ったことがあるので、手抜きになってしまいます。
入園料は無料です。是非お出かけになってください。
龍馬の書は10月17日までやっているそうです。



続きを読む
posted by asagiiro at 14:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 幕末・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

総司忌とか龍馬伝とか。


総司忌1

6月20日は総司忌でした。
朝から蒸し暑くあいにくのお天気でしたが、行って参りました。
といっても午後からは仕事だったので、墓参のみの参加でした。
いつもより参加者がぐっと多く、記念品まで足りなくなってしまったそうですよ。300人以上は来てましたね。原因は龍馬伝、ではなく薄桜鬼というアニメらしいそうですよ。何百年経とうと沖田人気は衰えるところを知りませんね。一年に一度しか墓参出来ませんからねぇ。


総司忌2


お墓だけお参りして、本堂を忘れていたので、帰りに焼香をしておきました。いつもと同じ佇まいにほっといたしました。
相変わらず、墓石の風化が進んでいましたが、周りの風景はどんどん変わっても、墓の前だけは私が初めてお参りした十代の頃と何ら変わることがありませんでした。




10-6紫陽花


帰りは乃木坂のミッドタウンを経由して、檜町公園を突っ切ってきましたが、紫陽花が綺麗でした。




10−6勝


赤坂の勝海舟邸跡、の前を通りましたのでパシャ!
此処は幕末期に住んでいた所で、坂本龍馬や土方歳三が来た所としても知られています。
明治期にはもう少し溜池よりの場所に引っ越しています。普段は気にしてないですが、仕事場周辺には結構史跡があったりします。




続きを読む
posted by asagiiro at 11:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 幕末・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

維新志士 勤王詩歌評釋


勤王ー1


私が20代の頃に、京都、河原町三条上ルの京阪書房でかった小泉苳三 著の「維新志士 勤王詩歌評釋」です。
この本は昭和13年5月20日立命館出版から発行されたました。
京都東山霊山招魂社に眠る明治維新勤王志士1055柱の中から122人を選びその漢詩および和歌を選び評釋したものです。




勤王ー2


昭和14年3月5日に、岡田次男さんへ贈られたものらしいですが、花押の主はどなたでしょう?著者の小泉さんなのでしょうか。
岡田さんが岡田以蔵と関係が・・・・あるわけがありませんね。




続きを読む
posted by asagiiro at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 幕末・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

龍馬伝特別展&図書館での出来事

本日は、江戸東京博物館で行なわれている、龍馬伝特別展へ行ってきました。GW中は入場制限になるほど混雑していたようですが、夕方を狙っていったのでスンナリ入場できました。
ですが、中は結構な混み具合で、人の間から展示物を見る感じでした。
私は借りませんでしたが、ガイドイヤフォンは弥太郎さんが解説していたようですよ。
出品物は半分は見たことが有るものでしたが、何度見ても龍馬の直筆の手紙は、今其処に龍馬がいるような存在感を与えます。
また、新選組の名簿が出品されていたのは驚きました。
暗殺された近江屋の内部を再現したものはとても良く出来ていて、この狭さじゃどうにも成らなかっただろうなと思いました。天井も傾斜してるし・・・・。
帰りに龍馬グッズを漁りましたが、福山@龍馬ものはやっぱりありませんでしたので、ボールペンを買って帰りました。
そうしたら、エントランスの大画面で「龍馬伝第二部」の予告が流れていました。
大画面で見る福山さんはステキでした〜!

チケットをくださったRさんありがとうございます。

続きを読む
posted by asagiiro at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 幕末・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

やるだけやったらescape♪


龍馬福井
今日は五月晴れ、5月1日です。世間はGWまっ最中!けんどわしゃー仕事ですき・・・。
写真は亡くなる数か月前に撮られた龍馬の写真です。
良い着物を着てとても綺麗になさっていますが、なぜか袴だけはしわくちゃなんですよねー、まあ、そんなところが魅力でもあるんですが。
今、龍馬暗殺の謎に付いてちょっと調べておりますが、謎が謎を呼んで、よけいに解らなくなっております。

龍馬が新選組をどう見ていたのか、伊東甲子太郎の言葉をなぜ信じなかったのか、松平容保が見廻組に命じたのか?なんて事を考えたり。
どうも幕末は奥が深すぎて先が見えないです。

龍馬伝では、いったい誰に暗殺されるように描かれるのか、いまから興味深々です。
(けど、福山@龍馬が斬られたらきっと泣いちゃうでしょうね)



続きを読む
posted by asagiiro at 14:47| Comment(6) | TrackBack(0) | 幕末・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

龍馬伝やら魂ラジやら・・・


4−25龍馬
(BGMは龍馬伝のテーマで)
昨日放送の龍馬伝「怪物 容堂」面白かったですねー。
龍馬さんがカッコイイのは相変わらずでしたが、注目すべきは健@以蔵さんでした。
かわいい〜、カッコイイ〜!
そして、香川@弥太郎さんのセリフが面白かったですよね、4回くらい同じことを続けて言うってやつ。
あれは福山さんがラジオで使っている技法(?)なんですけど、意識してる??なんておもってしまいました。

近藤@容堂さんですが、福山さんがラジオで「こんど〜です」って真似してましたけど、すご〜くよく似てました。本人の前じゃちょっと怖くて出来ないそうですよ。

写真はデカプリオ@龍馬(笑)
「草履でそんな事しゆうと危ないぜよ龍馬!」


続きを読む
posted by asagiiro at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 幕末・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

いったい何回見るの?!

昨日、何気なしに先週の「龍馬伝」を見返しておりまたら、龍馬が軍艦に乗船して、嬉しさのあまり甲板を走り回るシーンがありました。
「ん?どこかで体験したことが・・・」と思い、以前海上自衛隊の掃海艇に乗船したことがあったことを思いだしました。
私もあの時の龍馬と同じで、ビルの3階程の高さまでタラップを上って乗船するや否や、甲板を駆け回り、艦橋へ駆けあがったり、ラッタルを降りてトイレにわざと入ってみたりと大興奮でした。
特にトイレは「ハンドルを回すと海水が流れるのか、まっこと感心するぜよ」と興味深々でした。


続きを読む
posted by asagiiro at 16:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 幕末・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

龍馬伝の新キャスト

今日の龍馬伝第二部、いかがでしたか?
ワイルドになった龍馬さんが一段と魅力的になった気がいたします。
ワイルド龍馬さんは、弥太郎みたいに歯を黒くしたかったのだそうですが、パクリだ、という事で却下されたそうです。ちょっと見たかったな〜なんて・・・。
昨日深夜放送で、福山さんに龍馬が乗り移り(?)「脱藩した時は関所越えが大変だったー、本当に」と言ってました(笑)「JINー仁ー」の逆バージョン?!


それとこれはこぼれ話ですが、龍馬伝出演者チームで飲みに行った時のお話で、弥太郎さんと武市さんはキズ魔だそうで、おふたりでキスなさっていたそうですが、ディープなお時間になり、弥太郎さんも帰ったので大丈夫だろうと油断した所で、龍馬さんの唇が武市さんによって奪われたそうです。
このお三方は晴れて唇兄弟となられたとか・・・・
まあ、酔ったうえでの事ですがね〜(^^ゞ

そして気になっていた新選組のキャストが発表されました。
近藤勇  原田泰造さん
土方歳三 松田悟志さん
沖田総司 栩原楽人(とちはららくと)さん

だそうです。
組!とは全く被ってませんが、楽しみに池田屋事件の回を待ちたいと思います。
きっと祇園祭の頃にあわせての放送になるんでしょうね。

では皆さん来週の龍馬伝も「よろしくどうぞ!」


posted by asagiiro at 22:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 幕末・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

龍馬伝U今週末いよいよ放送!!


ステラ福山
昨日発売のステラです。
福山さんが表紙です。
インタヴューもあり、かっこいいー写真もあり
ファンの方は「買い」でしょうね。

ついに龍馬伝、第二章が始まるわけですが
福山さん曰く放浪の旅に出た龍馬さんはどんどん汚くなるけど、弥太郎さんは出世して綺麗になってゆくんだそうです。
なんだ面白そうですよね。
ぜひ、幕末ファン、福山ファンそして、なんのファンでも無い方にも是非楽しんでみていただきたいです!
(NHKのまわし者じゃないですけど・・・)
先々週ちょっと数字が下がりましたんで、是非お願いします。




続きを読む
posted by asagiiro at 11:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 幕末・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

龍馬コレクションby海洋堂


龍馬コレクション

今、セブンイレブンで清涼飲料水を買うと、海洋堂さんの
坂本龍馬コレクションが付いています。
で、4種類集めて観ました。
高知桂浜、高知城、神戸、鹿児島です。
後、浦賀港、長崎、京都があるのですが
京都は新撰組隊士もセットになっています。
これはゲットしといた方がいいかな〜なんて思ってますが、どうなります事やら。
どうせなら龍馬の顔を福山@龍馬にしてほしかったな〜。
肖像権の問題でダメなんでしょうけど、ちょと欲しい(^^ゞ


続きを読む
posted by asagiiro at 15:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 幕末・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

ちゃんと勉強しちょります。


一個人


最近、ええ男に(福山@龍馬)に心を奪われ
な〜んも勉強して無いと思われているかも
しれませんが、ちゃ〜んと勉強しとります。

土佐弁も勉強しとります。
「ビールをお願するぜよ」な〜んてね♪
posted by asagiiro at 17:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 幕末・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

龍馬が愛した珈琲&Tlke Like Singing


龍馬珈琲1


昨日出張がてら三谷幸喜さんの「TALK LIKE SINGING」を観た友人と会いました。
このお芝居は既に前売りは完売で、当日券も抽選購入
という、大変なことになっているものです。
もちろんあきらめの早い私ははなっから諦めておりました。
そうしましたら、初日に観てきた友人がプログラムを
買ってきてくれました。
まるで絵本のように綺麗に製本された本で、お芝居の
内容をある程度つかむ事ができました。
こちらの写真が裏表紙です。


続きを読む
posted by asagiiro at 15:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 幕末・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする