2011年06月24日

総司忌は明日

06-24-1.JPG

明日は総司忌です。
東京麻布の専称寺で11時から読経が始まります。
詳しくは新選組友の会をご覧ください。
私は今年は欠席でございます。
行かれる方がおりましたら、様子を教えていただけると嬉しいです。

沖田総司の命日は旧暦の5月30日ですが、新暦に治しますと1868年7月19日だそうで
梅雨の明けた暑い頃だったのではないかと想像いたします。


続きを読む
posted by asagiiro at 15:12| Comment(5) | TrackBack(0) | 幕末・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月20日

休日の過ごし方

06-20-1.JPG

休日に思い立って、喫茶店の「コメダ」へ行ってきました。
此処は名古屋が本店なので、色々名古屋風な味が楽しめます。
写真は名古屋名物「小倉トースト」、トーストにバターと餡子が付いてきます。
他には味噌カツサンドやディニッシュの台にソフトクリームが乗った「シロノワール」
なんかもありました。
東京には無いサービスもあり、なんだか楽しい喫茶店でした。



06-20-2.JPG



そのあと某公園を散策。
紫陽花がとても綺麗に咲いていました。
密集して咲いていると本当に見事です。


続きを読む
posted by asagiiro at 17:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日々の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月17日

ライチとプリンセストヨトミ

06-17-1.JPG

梅雨はじめじめムシムシしていやな季節ですが
この果物はこの時期にしか食べられないので
梅雨も悪くないかと思ってしまいます。

以前上海へ行ったとき、あまりの蒸し暑さに食欲も無くげんなりしていたのですが
観光ガイドのお姉さんによく冷えたライチを頂き、それがとても美味しかったのを
覚えています。
中国ではとてもお安く道端でも売られている果物なのに、日本では高いですねー。
何故かしら・・・・。

一説には楊貴妃が一番好きだった果物だそうですよ。


続きを読む
posted by asagiiro at 16:54| Comment(3) | TrackBack(0) | 日々の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

魂のラジオを聴いて思ったこと&「菊一文字」

流石に梅雨です、良く雨が降りますねー。
昨日の夜中は滝のような雨が降ってました。
皆さまの所はいかがでしょうか?

さて、土曜日の夜のニッポン放送「魂のラジオ」で
福山さんが「音楽業界の行く末」についてお話をなさっていました。

今、ほとんどの音楽は著作権というものがあり、ジャスラックが管理をしています。
一小節を流しても版権があり、使用料が発生します。
その著作権が無くなろうとしている、というお話でした。
骨身を削って作った曲なのに、フリーユーズになってしまったら
どうなってしまうのだろうと・・・。

今の音楽業界は、一人の作曲家ないし作詞家が、歌手あるいはグループに
楽曲を提供するのではなく、数人のグループに楽曲を作らせ
その中から、マッチングするものを選ぶといった形式が増えているのだそうです。
云わば、手作りのものから、工場による大量生産型になってきているという感じでしょうか。
これをやられたら、コツコツと作っている者にとっては大変な事になってしまいます。




続きを読む
posted by asagiiro at 16:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 福山さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月07日

上野の写楽とパンダ

06-06-1.JPG

上野の東京国立博物館に「写楽」展を見に行ってきました。
ポスターは有名な「三代目大谷鬼次の江戸兵衛」です。
混雑するだろうと思い、平日に出かけたのですが、それでも
人気の画の前では人だかりが出来ていました。

今回は約140図、約170枚の出展数で大変豪華なラインナップでした。
中には震災の影響で、出展出来なかった作品もありましたが
写楽の迫力ある浮世絵を楽しむ事ができました。
展示は歌舞伎の出し物別に展示され、歌舞伎が解る方でしたら
とても楽しめる展示でした。

写楽は謎の人物で、寛政6年(1794年)たった10ヶ月間しか活動していません。
そして何処の誰だか素性がハッキリしない為、色んな憶測をよんでいます。
今、有力なのは阿波の能役者、斎藤十郎兵衛だったという説です。

写楽の画の迫力はいわずもがなの事ですが、雲母刷りと言われる技法は大変
美しいもので感心いたしました。
そして出品目録を見ていましたら、所蔵のところに「市川亀治郎コレクション」ありまして
「三代目坂東彦三郎の五代三郎近忠と三代目大谷公次の奏の大膳武とら」とありました。
ふつうは「個人蔵」と書かれるのにさすが亀治郎さんですね。


続きを読む
posted by asagiiro at 11:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

目に青葉山は無いけど初鰹

06-05-1.JPG

今年は震災のせいで、鰹の水揚げが減少しているらしく、
店頭に並ぶ数が例年よりずっと少ないような気がする。
けど、食べたいものは食べたいので、昨日鰹のたたき用を買って見た。
タイミング良く知人から新玉ねぎも頂いたので、にんにくやネギも
スライスしてたれをかけ回し冷蔵庫で冷やしてから食べてみた。
おいしい!とっても美味しかった。
ああ、高知へ行って食べたいなぁ〜。
続きを読む
posted by asagiiro at 11:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月03日

一度ある事は二度あることがある

一昨日から、我が家の中ではまるで水琴窟のような
水滴の音が響き渡っております。

実は覚えてらっしゃる方もいるかと思いますが
5年前に大漏水事故で我が家は水浸しになった事がありました。
その時と同じ状態の水滴が上階からポタポタとダクトのあたり
を落ちているのです。
5年前は「外には流れ出ないから大丈夫です」と言われてから
約一週間後に室内が雨降り状態になりました。
今回はそんな事が無いように、迅速に動いてもらっています。
きっとまた同じ個所からの漏水だと思われます。(4階からの漏水)
地震とかで配管の継ぎ手が外れたか、亀裂が入ったのではないかと
思いますが、調査は明日以降だそうです。(4階が留守なので)

そんなこんなで精神状態が余り良くなく、多少睡眠障害っぽくなってますが
原因が解ったので今日は眠れるかな〜と思っています。

一日も早く解決してほしいものです。




続きを読む
posted by asagiiro at 17:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする