2010年05月31日

旅に出るんだ〜♪


岩崎邸


昨日は、池之端にある旧岩崎邸へ行ってきました。
上野に程近いのに、なぜか今まで行ったことが無かったので、弥太郎さんにあやかろうと出かけてみました。やはり龍馬伝の影響かかなり込み合っておりました。此処は江戸時代には越後高田藩の江戸屋敷があった所で広大な敷地でしたが、現在では当時より狭くはなっています。また戦後GHQに接収されたりと、文化財的には手を加えなくてはならない部分もあったようです。
洋館、和館、撞球室の建物からなりたってますが、金革唐紙の壁紙、柱や手すりの草食、輸入タイル(ミントン社)のポーチ、ステンドグラスと素晴らしいの一言に尽きました。
そしてなんといっても、二階のベランダから見下ろす庭の風景がなんとも素敵でした。(撮影不許可)

続きを読む
posted by asagiiro at 17:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

BEAUTIFUL DAY


ビューティフルデイ

昨日のゲリラにわか雨は凄かったですが、お陰で大気が澄んだのか綺麗な青空です。
「BEAUTIFUL DAY」のように、135号線で海にでも行ってみたくなりました。しかし、現実はキビシイ!お仕事しなくちゃね。

空は青くて海も青くてく車もホント調子良いんだ
風の強さも波の高さも雲の早さも丁度良いんだ
途中で買ったビーチサンダルかっこ悪いけどそれが良いんだ
情けない事、どうしようもない事、受け入れながら今日があるんだ
明日からも生きてかなくちゃ、孤独だけど一人じゃないんだ
今日は何もかも丁度良いんだ奇跡かもしれないBEAUTIFUL DAY〜♪

ああ、鎌倉あたりへ行きたくなってきましたー!

続きを読む
posted by asagiiro at 12:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

今週も、イッテみよー!


清正


さあ、今週もはじまりました。
月曜日はキライと言う方が多い事と思います。鉄道の人身事故も月曜日が一番多いそうです。
けど、そんないやーな気分も運気アップで吹き飛ばそうと、昨日雨の中を、明治神宮の庭園にある「清正井」まで行ってきました。
今、東京で一番人気のパワースポットなんでそうです。普通は土日は2時間待ちなんて事もあるようですが、雨だったのでトータル45分位の待ちで、写メ撮って水に手を浸してきました。
どうもTVで島田秀平さんと言う方が、写メを待ち受けにしていると運気がアップすると言われたそうで、全国から人がやって来るようです。私が何年か前に行った時は、雨が少ない年だったせいか、井戸が枯れかかっていて、人なんてだ〜れもいなかったんですけどねー。
姉が是非いってこい!と言うものですから行ってみましたが、雨ふりだったので暗くて写真は良く撮れませんでした。ちゃんとしたデジカメを持ってゆくんだったなー。
けど、心が洗われる感じがしましたので、きっと良いことがありそうな気がいたします。単純ですが・・・(^^;

続きを読む
posted by asagiiro at 12:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

龍馬伝 故郷の友、新選組登場!


5−23龍馬伝

(BGMは龍馬伝のテーマで)
昨日の龍馬伝は主演の福山さん曰く、今までの中で一番好きなシーンかもしれないと言っておりました。
そのシーンとは武市さんと奥方のとみさんとの10分間のなが〜いシーン。
武市さんが「夏には桂浜、秋には紅葉狩り、冬には・・・」と言うととみさんは「此処で二人で炒るのがいい」と言うシーンです。
ホントに心に響きましたよね。
その後武市さんが捕まって連れてゆかれてしまったので、あれが二人の最期の時になってしまうわけです。
ああ、落涙・・・・。

それと、龍馬と勝先生のシーンで、勝先生も鼻水が垂らしながら熱演なさっておりました。
土佐へ帰ろうとする龍馬に「可愛い弟子をみすみす殺されてなるものか」と言って泣いておられましたねー美しき師弟愛でございました。
このへんの下りを来週の深夜放送で福山さんが、ものまねでやってくれるんでは?と期待しております。


続きを読む
posted by asagiiro at 11:49| Comment(3) | TrackBack(0) | 龍馬伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

ちょんまげぷりん


ちょんまげ


「ちょんまげぷりん」 荒木源 著
小学館文庫 刊
(ふしぎの国の安兵衛、を改題)

あらすじ
180年前の世界から、男は、やってきた。
シングルマザーのひろ子は、お侍の格好をした謎の男と遭遇する。
男は180年前の世界からやってきたお侍で、木島安兵衛と名乗った。半信半疑のうちにも情が移り、ひろ子は安兵衛を家に置くことに。
安兵衛も恩義を感じて、家事の手伝いなどを申し出る。その所作は見事なもので、炊事・洗濯・家事などすべて完璧。
仕事で疲れて家に帰ってくるひろ子にとって、それは理想の「主夫」であることに気づく。
安兵衛は料理のレパートリーを増やし、菓子づくりに挑戦。これが評判を呼び、「ござる」口調の天才パティシエとして時の人となるが・・・


映画化は、主演 錦戸亮×監督 中村義洋(「ゴールデンスランバー」)で7月31日公開予定
ちょんまげぷりん」映画HP
装画は、上條淳士さんです。
原作のイメージよりカッコ良すぎですが・・・。

タイムスリップものとしては大変良く書けていて面白かったです。
主役の木島安兵衛がカッコ悪いサムライだという所も面白かったです。
普通ロマンスがあったりするものなのですが、それが全くないのも良かった原因かも。
私もこんな侍に是非遭遇したいものです。
出来ればかっこいい方がいいけどね。




続きを読む
posted by asagiiro at 11:34| Comment(4) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

維新志士 勤王詩歌評釋


勤王ー1


私が20代の頃に、京都、河原町三条上ルの京阪書房でかった小泉苳三 著の「維新志士 勤王詩歌評釋」です。
この本は昭和13年5月20日立命館出版から発行されたました。
京都東山霊山招魂社に眠る明治維新勤王志士1055柱の中から122人を選びその漢詩および和歌を選び評釋したものです。




勤王ー2


昭和14年3月5日に、岡田次男さんへ贈られたものらしいですが、花押の主はどなたでしょう?著者の小泉さんなのでしょうか。
岡田さんが岡田以蔵と関係が・・・・あるわけがありませんね。




続きを読む
posted by asagiiro at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 幕末・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

気がつけば薔薇の季節


10-bara

八重桜がおわったな〜なんて思ってましたら、もうすでに薔薇が満開でした。
仕事場近くの公園はローズガーデンと化し、お昼休みはOLさんでにぎわっています。



優しい豆乳


最近凝っている豆乳「ミルクのようにやさしいダイズ」です。他の豆乳と比べると味が濃く、コーヒー牛乳のような香ばしさも味わえます。
これをシリアルにかけるのが最近の朝食の定番です。
ぜひ、おためしあれ〜。




続きを読む
posted by asagiiro at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

クロネコ始末記

本日、午前指定で実家から宅配便が来る予定でした。
しかーし午後12時を過ぎてもこないので、実家に伝票番号を聞き、PCで追跡をしてみましたら、実家のあるN県のセンターは発送済みになっていたのですが、受取った集配センターが未記入でした。
そこで、御問い合わせセンターに問い合わせたところ、調べて折り返し連絡するといっていただいたのですが、1時間たっても電話はきません。
痺れを切らしてもう一度電話をしましたら、直ぐ調べますとの事、確かに10分後に電話がきました。
オペレーターが違うだけでまったく対応がちがいました。

しかし、荷物は調査中との事。

ねこ「それはー荷物がなんちゃわからんようになったちゅうことですろうか?」
オペ「いいえ、間違った配送センターに届いてしまったようです。」
ねこ「今日受けとれんちゅうことながや?」
オペ「はい、明日配送という事になりますが・・・」
ねこ「明日は仕事へ行きゆうから、昼間はおらんですきに」
オペ「では、夜の配送でいかがでしょう」
ねこ「一番遅い時間なら、もんて来れれるとおもいます。」
オペ「では午後8時〜9時の間にお届けします」

という事になりました。
一応先ほどPCで追跡しましたら、13時10分、鶴見朝日センターっちゅうところで「調査中」になっていました。
鶴見って横浜じゃん!今日中に届く範囲内だよなー。
やっぱり、荷物はなくなったんじゃないろうか・・・
俄然心配になってきました。
無くなった場合は保障はどうなるんでしょう。
食品なんて値段の付けようが無いと思うけど。

クロネコ○○○さんでも、こんなことが有るんですね。
とにかく無事届く事を祈ります。

posted by asagiiro at 23:26| Comment(6) | TrackBack(0) | 日々の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

龍馬伝特別展&図書館での出来事

本日は、江戸東京博物館で行なわれている、龍馬伝特別展へ行ってきました。GW中は入場制限になるほど混雑していたようですが、夕方を狙っていったのでスンナリ入場できました。
ですが、中は結構な混み具合で、人の間から展示物を見る感じでした。
私は借りませんでしたが、ガイドイヤフォンは弥太郎さんが解説していたようですよ。
出品物は半分は見たことが有るものでしたが、何度見ても龍馬の直筆の手紙は、今其処に龍馬がいるような存在感を与えます。
また、新選組の名簿が出品されていたのは驚きました。
暗殺された近江屋の内部を再現したものはとても良く出来ていて、この狭さじゃどうにも成らなかっただろうなと思いました。天井も傾斜してるし・・・・。
帰りに龍馬グッズを漁りましたが、福山@龍馬ものはやっぱりありませんでしたので、ボールペンを買って帰りました。
そうしたら、エントランスの大画面で「龍馬伝第二部」の予告が流れていました。
大画面で見る福山さんはステキでした〜!

チケットをくださったRさんありがとうございます。

続きを読む
posted by asagiiro at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 幕末・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

ただいま!お江戸へ戻ってまいりました。


海にいがた1

こん徒然草!やっとお江戸へ戻ってきました。
写真は実家のあるN市の海岸です。
福山さんの日捲りカレンダーの「海の日」の海ですが
ここは少し西側です。



海にいがた2


海辺のカフェでお茶なんぞして見ました。
窓の外はすぐに海辺です。
なんと優雅な休日に思えるかもしれませんが
実はこの後気管支炎を発症してしまい、声は出ないは
呼吸は苦しいは、大変なことになっていました。
ま、緊張の糸が切れた時、風邪を引くようなものかもですねー。
皆さんもご注意ください。


続きを読む
posted by asagiiro at 14:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

やるだけやったらescape♪


龍馬福井
今日は五月晴れ、5月1日です。世間はGWまっ最中!けんどわしゃー仕事ですき・・・。
写真は亡くなる数か月前に撮られた龍馬の写真です。
良い着物を着てとても綺麗になさっていますが、なぜか袴だけはしわくちゃなんですよねー、まあ、そんなところが魅力でもあるんですが。
今、龍馬暗殺の謎に付いてちょっと調べておりますが、謎が謎を呼んで、よけいに解らなくなっております。

龍馬が新選組をどう見ていたのか、伊東甲子太郎の言葉をなぜ信じなかったのか、松平容保が見廻組に命じたのか?なんて事を考えたり。
どうも幕末は奥が深すぎて先が見えないです。

龍馬伝では、いったい誰に暗殺されるように描かれるのか、いまから興味深々です。
(けど、福山@龍馬が斬られたらきっと泣いちゃうでしょうね)



続きを読む
posted by asagiiro at 14:47| Comment(6) | TrackBack(0) | 幕末・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする