2009年12月28日

今年最後のお医者さんへ。

は〜、参りました。
昨日から調子が変と思ってましたら、案の定
膀胱炎の再発でした。
忙しいと必ずなるような気がいたします。
昨日変だったので、クランベリージュースが効く
ということで、ガバガバ飲んでたのですが、やっぱり
予防にはなっても治療にはならないようで・・・
今朝一番でお医者さんへ行ってきました。
クリニックも今日まで営業だったので、ギリギリ
セーフでした。

どちらさまもお身体に気を付けて、良いお年をお迎えください。
また来年よろしくお願いします。


posted by asagiiro at 14:19| Comment(6) | TrackBack(0) | 日々の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

新刊


こごえた


沢木まひろさんの待望の新刊が発売されました。
「こごえた背中の、とける夜」メディアファクトリー
MF文庫 550円。
発売日の25日にM駅の駅ビルに入っている書店で
購入いたしました。
書き出しだけ少し読みましたが、とっても面白そうです。
帰省する新幹線の中で読もうと思います。
新幹線はすでに切符は確保しているのですが、
私の乗る日はピーク日だそうで、おまけに混雑の
ピークの時間らしいです。
車内販売は来ないことを想定して、食べ物飲み物
持ち込みで乗車予定です(^^;


続きを読む
posted by asagiiro at 15:13| Comment(2) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

十二月大歌舞伎


歌舞伎座


12月大歌舞伎(昼の部)を観に歌舞伎座へ行ってきました。
出し物は・・・






★操り三番叟

勘太郎
松也
鶴松
獅童

★野崎村

福助
孝太郎
秀調
彌十郎
橋之助

★身代座禅

勘三郎
染五郎
巳之助
新悟
三津五郎

★大江戸りびんぐでっど

染五郎
七之助
勘太郎
彌十郎
萬次郎
市蔵
亀蔵
井之上隆志
獅童
橋之助
扇雀
福助
三津五郎
勘三郎

それぞれどれも面白かったのですが、やはりお目当ての「大江戸りびんぐでっど」が一番面白かったです。
作・演出が宮藤官九郎さんですから、普通の歌舞伎と一味も二味も違います。
舞台一杯にゾンビ(存鼻)が登場し、イルカの開きやカメレオンの開きが「くさや」と化し、おまけに「派遣」という労働問題にまで言及・・・・
まるで劇団新感線の舞台を観ているような錯覚にとらわれましたが、ミュージカルっぽくもあり、またマイケルジャクソンのスリラーのパロディー的要素もあり、なんとも抱腹絶倒な歌舞伎でした。




続きを読む
posted by asagiiro at 15:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 芝居、映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

クリスマスケーキ


09ケーキ1


スタッフがクリスマスケーキを買ってきてくれました。
トップスのチョコレートケーキです。
やっぱり変わらぬ美味しさでした。



続きを読む
posted by asagiiro at 17:27| Comment(5) | TrackBack(0) | 日々の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

マルシェ・ド・ノエル


フォーラム1


いよいよ暮も押し迫ってまいりました。
そんな中今日は歯医者へ行ってきました。
こちらも年内になんとか治そうという方々で一杯でございました。まあ、私は被せていたものが取れたので入れに行ってきただけなんですけどね。

先日東京フォーラムで開催されている、ツリー発祥の地のクリスマス・マーケット「ストラスブールのマルシェ・ド・ノエル」へ行ってきました。
大きなツリーが飾られ、クリスマスグッズを売るお店が沢山出ていて、心がウキウキしてしまいました。
詳しくはここ



続きを読む
posted by asagiiro at 16:14| Comment(5) | TrackBack(0) | 日々の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

第4回山南忌

第4回山南忌の詳細が出ておりました。

日時 平成22年3月14日(日)

10:00〜 光縁寺にて   墓前焼香
※墓参料100円を光縁寺にお納め下さい。
参拝後、順次 旧前川邸にて 受付→仏間にて焼香

13:00〜 壬生寺会館にて 山南忌 記念行事

・ 山村 竜也氏 講演 『北辰一刀流と山南敬助』
・ 島原 司太夫 奉納舞 『黒髪』
・ 天然理心流 「撥雲会」 居合演武
(順未定・午後4時頃終了予定)

会費 2500円(当日現金にお納めください)

「申込方法」

郵便番号、住所、氏名、年齢、性別をお書きの上、「往復はがき」にてお申し込み下さい。

会場の都合により、定員になり次第、締め切る場合があります。

【申込往復はがき郵送先】22年1月31日締め切り
〒604-8811 京都市中京区壬生賀陽御所町49
田野 一十士 様

詳細はこちら↓まで

http://kyu-maekawatei.com/kyu-maekawa/sannan4.htm
posted by asagiiro at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 幕末・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

illumination3&レストランMAMMA


汐留1

東京のイルミネーションその3です。
金曜日に汐留にあるカレッタ汐留のイルミネーションを見てきました。
BLUE OCEANと題して葉加瀬太郎さんプロデュースによる15分間のスペシャルプログラムがあり、「情熱大陸」の音楽に乗せ、雪が吹きだし、レーザーが交錯するものでした。
雨降りで寒かったですが、とっても綺麗でした。


翌日の土曜日に、楽美さんに誘われて立川の昭和記念公園のイルミネーションを観てきました。
どちらかというと、沖田総司さんの末裔の方がやってらっしゃるレストランで忘年会をやるついでに見に行った感じだったのですが、とても綺麗でした。

続きを読む
posted by asagiiro at 12:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

ご迷惑を・・・してます。


日枝桜



今日は冷たい雨が降っています。
だからかどうか、交通機関は遅れがちです。
今朝のJRで、駆け込み乗車したお客さんの
荷物が挟まり緊急停車!
ブザーがけたたましく鳴り響き、急ブレーキがかかりました。
そういえば先日も急病人が発生して、緊急停止して
5分以上発車できなくなりました。
今回は無理やり乗り込んできた乗客の荷物がはさまり
ドアを閉めて発車しかけた電車が止まりました。
おかげで、もともと遅れていたのにさらに4分遅れました。
ホントに「駆け込み乗車はおやめください」です。

続きを読む
posted by asagiiro at 12:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

お江戸も色づきました。


09銀杏1


お江戸の銀杏もようやく色づきました。
やはり暖冬のせいで遅くなっているようです。
これはご近所の幼稚園の園庭の銀杏です。
青空に黄色がとても映えていました。


続きを読む
posted by asagiiro at 16:21| Comment(3) | TrackBack(0) | 日々の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

09 Christmas illumination (2)

乃木坂の東京ミッドタウンのイルミネーションです。



09イルミ1

09イルミ2


スターライトガーデンのイルミネーションです。
無数の流れ星が青いLEDの中を流れます。
20分に1回光の軌道が消え、闇の宇宙に向け
一筋の流れ星が現れスターダストが現れます。





続きを読む
posted by asagiiro at 11:38| Comment(5) | TrackBack(0) | 日々の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

09 Christmas illumination(1)

赤坂周辺で見つけたクリスマスツリーです


ツリー1
ツリー1−2




某外資系生命保険会社のビル前のツリーです。
ライトの色が七色に変化します。


続きを読む
posted by asagiiro at 11:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

ミーナの行進、風花


ミーナ


最近の読書のペースは図書館の本を2週間で3冊がずっと続いています。
先々週に借りたのは「ウランバーナの森」奥田英朗
「ミーナの行進」小川洋子「風花」川上弘美
ウランバーナ〜は奥田さんの他の作品とちょっと毛色が違っていて、あの世の人とこの世の事を今は亡き偉大なミュージシャンの人生と絡ませた物語で、とても面白かったです。

「ミーナ行進」はちょっと懐かしい時代の神戸を背景にした少女二人の物語で、心が暖かくなるような作品でした。文中に出てくる挿絵がまたとっても素敵で、
マッチの箱のデザインがステキステキ!
題名の「行進」ですがミーナという身体の弱い少女がコビトカバに乗って登校する所からつけたものでしょうが、「カバに乗る」という発想がユニークでとても面白かったです。


続きを読む
posted by asagiiro at 11:43| Comment(4) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする